大阪体育学会トップ>沿革
   
   
  大阪体育学会の始動期 1946(昭和21)年〜1951(昭和26)年  
  (1)新制大学において体育を必修の教科目として採択
(2)日本体育学会の誕生
 1950(昭和25)年2月  日本体育学会設立
 1950(昭和25)年11月 第1回日本体育学会大会(於:東京大学)
 1951(昭和26)年11月 第2回日本体育学会大会(於:東京大学)
 
  大阪体育学会の揺籃期 1952(昭和27)年〜1960(昭和35)年  
  (1)近畿地区体育学会の動き
 1953(昭和28)年4月 第1回近畿地区体育学会発表会(於:朝日新聞大阪支社)
 1954(昭和29)年5月 第2回近畿地区体育学会発表会(於:奈良女子大学)
 1955(昭和30)年5月 第3回近畿地区体育学会発表会(於:神戸大学)
 1956(昭和31)年5月 第4回近畿地区体育学会発表会(於:和歌山大学)
 1957(昭和32)年5月 第5回近畿地区体育学会発表会(於:滋賀大学)
 1958(昭和33)年6月 第6回近畿地区体育学会発表会(於:同志社大学)(最終回)
(2)日本体育学会第10回大会
 1959(昭和34)年11月大阪大学医学部で開催
 出席者約500名、発表申込題数360題(第1回大会に比べ出席者数約2倍、題数約6倍)
(3)「大学体育の実態面の調査研究」共同研究プロジェクトチーム
 1956(昭和31)年に組織、1957(昭和32)年〜1959(昭和34)年日本体育学会大会で発表
 この後、研究に関する機運が芽生える。
 
  大阪体育学会の草創期 1961(昭和36)年〜1970(昭和45)年  
  (1)1961(昭和36)年 日本体育学会大阪支部発足(支部長:森脇正夫)
(2)1962(昭和37)年 桃山学院大学で総会開催(出席者26名)
   1963(昭和38)年 日本体育学会大阪支部機関誌創刊号発刊
(3)1963(昭和38)年5月 大阪学芸大学天王寺分校で総会開催(出席者23名)
(4)1964(昭和39)年4月 近畿大学会館で総会開催(出席者34名)
(5)1965(昭和40)年4月 大阪市中央体育館で総会開催(主席者19名)
(6)1966(昭和41)年4月 大阪市中央体育館で総会開催(出席者33名)
(7)1967(昭和42)年4月 大阪市中央体育館で総会開催(出席者43名)
   1967(昭和42)年 日本体育学会第18回大会開催
(8)1968(昭和43)年4月 日生会館で総会開催(出席者83名)
(9)1969(昭和44)年4月 共済会館で総会開催(出席者51名)
(10)1970(昭和45)年4月 大阪府立女子大学で総会開催(出席者43名)
 
  大阪体育学会の充実期 1971(昭和46)年〜1980(昭和55)年  
  1971(昭和46)年度 会員数238名、事務局を大阪市立大学に置く
1972(昭和47)年度 事務局を大阪教育大学に置く
 論文集の名称を「体育学研究論文」を「大阪体育学研究」に改め、原著、速報、抄録等で編集
1973(昭和48)年度 会員数307名、事務局は大阪教育大学
 専門分科会は、体育原理、体育心理、運動生理、体育史、体育社会、体育管理、キネシオロジー、測定評価の8分科会、加入希望者は前年度の140名から188名に増加
1974(昭和49)年度 会員数337名、事務局は大阪成蹊女子短期大学に置く
1975(昭和50)年度 事務局は大阪成蹊女子短期大学に置く

大阪体育学会の充実期
1976(昭和51)年〜1980(昭和55)年
1976(昭和51)年 事務局は近畿大学に置く
 予算額99万円台へ大幅増額、特に刊行費は50万円となる
1978(昭和53)年 事務局は桃山学院大学に置く、大阪体育学会30周年記念大会開催
1980(昭和55)年 事務局は大阪工業大学に置く
 支部予算は108万円台、刊行費60万円台となる
 
  大阪体育学会の発展期 1981(昭和56)年〜1991(平成3)年  
  1981(昭和56)年〜1985(昭和60)年
1980(昭和55)年 事務局は大阪工業大学に置く
1981(昭和56)年 「大阪体育学研究」第20巻記念特集号発刊、発育発達専門分科会新設
1982(昭和57)年 事務局は関西大学に置く
1984(昭和59)年 事務局は近畿大学に置く
1984 Olympic Scientific Congressで大阪支部から研究発表3題
 
  年度別支部学会会員数(昭和51〜61年)  
 
年度 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61
会員数 312 337 362 364 380 399 420 426 450 491
 
  昭和52〜61年度財政情況(単位千円)  
 
年度 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61
会計 収入 1,037 940 1,040 1,094 1,751 1,302 1,344 1,874 2,640 2,278
支出 1,032 846 806 790 1,600 1,253 1,235 1,293 2,048 2,047
協賛金 収入 390 350 300 300 300 400 500 550 600 725
支出 365 300 295 115 697 330 534 390 520 669
 
  年度別「大阪体育学研究」当好論文数(No.1〜No.25)  
 
年度 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48
原著                       2
抄録                       14
資料                       0
総数 5 6 7 6 18 9 7 11 14 13 18 16
 
 
年度 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61
原著 1 0 0 0 0 2 1 13 5 4 3 5 4
抄録 5 8 10 16 17 5 6 6 16 10 18 3 25
資料 1 0 1 1 2 0 1 1 0 0 0 0 1
総数 7 8 11 17 21 10 11 23 24 19 25 12 34
 
  年度別シンポジウムテーマ  
 
年度 分科会 テーマ
53 体育心理学 スポーツ選手のパーソナリティについて
54 体育社会学 体育・スポーツの社会的機能
55 体育原論 人間教育推進のための学校体育のあり方
56 体育史 スポーツ観について
57 運動生理学 高齢化社会と健康・体力の低下防止について
58 キネシオロジー 短距離疾走能力を高めるためのキネシオロジー
59 体育管理 体育現象の中の健康管理
60 測定評価 体力測定を考えなおす 〜健康度を反映させるために〜
 
 
1986(昭和61)年〜1991(平成3)年
1988(昭和63)年12月 「会報」第1号発行
1990(平成2)年4月 大阪体育学会設立
1991(平成3)年 30周年記念学会(学会30回大会)
1991(平成3)年 専門分科会として「体育科教育学」設立
2005(平成17)年 領域別研究会が発足し、専門分科会は廃止
 
  大阪体育学会トップページへ