大阪体育学会トップ活動>企画委員会
※将来構想委員会は、平成20年度より企画委員会となりました。
教育研究領域と企画委員会合同企画のお知らせ
  日 時:平成29年1月14日(土) 13:00〜16:00
場 所:大阪産業大学梅田サテライトキャンパス
詳細はこちらをご覧ください。
スポーツ領域研究会と企画委員会の合同セミナー開催のお知らせ
  テーマ:測定評価法に関する理論と実践
日 時:平成26年12月13日(土)
場 所:大阪体育大学R棟104室(動作分析室)、他
詳細はこちらをご覧ください。
将来構想委員会の活動報告/北田和美
  「大阪・だ・か・ら・できることを求めて」 ―「領域別研究会」始動!―
   後藤会長が「実践」と「統合」をキーワードに新しい理事会がスタートしてほぼ1年が経過しようとしています。その間、将来構想委員会では、前理事会の申し送りを受け継ぎ、「より会員に魅力のある学会づくり」をめざして、幾度となく討議を重ねてきました。
 そして、その中で生まれてきた方策を理事会での討議・決議、さらに総会での決議という準備段階を経て、やっと今、それらのアイディアを具現化する時期を迎えたといえます。
 その一つが、すでにお手元に届いていると思います、『研究方法セミナー』の実施です。
 さらに、従来の専門分科会システムを発展的に解消し、新しく『領域別 研究会』を発足することになりました。
 日本体育学会が3年前に法人化して、本部専門分科会は、さらに学問の分化的な側面 を担おうという方向に動いています。細部に目を向けて、深く掘り下げることは全国的な組織の各専門分科会に任せよう。ここでは、それらさまざまな分野で掘り下げられた情報をトータルに集めて考え、体育・スポーツ実践への学問の統合・総合化の側面 を重視していこうというのが大阪の方針です。
 したがって、従来から続けてきた分科会システムではなく、
 (1)「身体運動文化」、(2)「スポーツ」、(3)「健康」、(4)「教育」
の4つの領域で研究活動を展開していくことになりました。
 会員のご意見をいただきながら、本学会の存在意義とオリジナリティを高めていきたいと思います。ご協力ください。
 
 
大阪体育学会トップページへ