大阪体育学会トップ大阪体育学研究掲載論文>第56巻掲載論文
 
「大阪体育学研究」掲載論文のうち、公開が認められた論文をご覧いただけます。 
このページからリンクされた文書は、大阪体育学会が著作権を保有しております。
転載等を希望される場合は、あらかじめお問合せフォームからお知らせください。
編集委員会から折り返しご連絡いたします。
2017年08月23日 大阪体育学研究 第56巻掲載の論文を掲載しました。
2017年10月10日 大阪体育学研究 第56巻掲載の論文2回目を掲載しました。
2018年02月09日 大阪体育学研究 第56巻掲載の論文3回目を掲載しました。
2018年03月16日 大阪体育学研究 第56巻掲載の論文4回目を掲載しました。
2018年03月16日 大阪体育学研究 第56巻掲載の論文「田邉 智、川端浩一」が重複していましたので訂正しました。
 
テーマをクリックすると論文(PDF)が表示されます。
第56巻
p.89
NEW
田邉 智、川端浩一
Satoru Tanabe, Koichi Kawabata
[短報]車いすテニスにおけるチェアワークの即時測定システムの開発について
Development of the instantaneous measurement system for the chair work in the wheelchair tennis
abstract→こちら  全文→こちら
第56巻
p.77
貴嶋孝太、浦田達也、石川昌紀
Kota Kijima,Tatsuya Urata,Masaki Ishikawa
[原著]短距離走選手のための機能的なトレーニングエクササイズ
Functional leg strength exercises for sprint runners
abstract→こちら  全文→こちら
第56巻
p.65
藤澤薫里、梅野圭史、林修
Kaori Fujisawa,Keiji Umeno,Osamu Hayashi
[原著]2 つの異なるGame Performance 評価法の差異性に関する検討 −ゲーム得点との関係を中心として−
A study on the difference of two Game Performance Assessment Instrument :
Focusing on the relationship between the basketball game scores
abstract→こちら  全文→こちら
第56巻
p.51
伴 義孝
Yoshitaka Ban
[原著]大島鎌吉のスポーツ思想に訊く(3) −日本のオリンピック運動という視点において−
Discussion on Kenkichi OSHIMA’s Sports Ideas(3):A Viewpoint on the Olympic Movement in Japan
abstract→こちら  全文→こちら
第56巻
p.39
田邉 智
Satoru Tanabe
[原著]ゴルフスイング時のクラブヘッド速度と法線方向へのグリップ速度との関係について
Relationship between club head velocity and normal direction grip velocity during golf swing
abstract→こちら  全文→こちら
第56巻
p.29
法所遼汰、西脇秀太朗、淵本隆文
Ryota Hosho, Shutaro Nishiwaki, Takafumi Fuchimoto
[原著]投球動作のステップ脚における接地位置の違いが肩関節の負荷に与える影響 −平地での検討−
Variations in Shoulder Loading Due to Differences in the Site of Stepping Foot Contact during Baseball Pitching
− Consideration on flat floor −
abstract→こちら  全文→こちら
第56巻
p.09
田邉 智、川端浩一
Satoru Tanabe, Koichi Kawabata
[原著]サーブ速度の高い車いすテニス選手の上肢関節運動に関するキネマティクス的研究
Kinematics study of the upper limb joint movement in the wheelchair tennis
players with high serve velocity
abstract→こちら  全文→こちら
第56巻
p.01
田中ひかる、松浪登久馬、佐川和則
Hikaru Tanaka, Tokuma Matsunami ,Kazunori Sagawa
[原著]介護予防のためのポールを用いた歩行法の開発
Development of the walking style with poles for preventive care
abstract→こちら  全文→こちら